社員研修の内容の決め方について

現在日本では社員研修を行うことは珍しいことではなくなり、新入社員研修に始まり、スキルアップ研修や階層別研修、マネジャー向け研修など、ありとあらゆる研修が企画され実施されています。
しかし実際に参加した社員が、役に立ったと感じ業務に活かすことができていなければ、実施するだけ時間の無駄となってしまうので気をつけなくてはなりません。
自社に合っているのかはもちろん、部署に適しているのかや本当に社員の役に立つ内容なのかなど、チェックしておかなくてはならない点は多岐にわたります。
目的をはっきりとさせると同時に、ニーズに合っているのかも考えなくてはなりません。
研修を企画する上で重要になるのが、経営陣や現場のニーズに合致しているのかという点です。
どんなに良い研修でも、ニーズに合っていないものでは実施するだけ無駄になってしまうので、研修を行うことを決めたら十分計画を練ってから実施する内容を決めなくてはなりません。

最新記事